パリの観光スポット
パリ観光地:サント・マリー・デ・バティニョール教会

サント・マリー・デ・バティニョール教会
Sainte-Marie des Batignolles

バティニョールの小さな教会

サント・マリー・デ・バティニョール教会

バティニョールの小さな教会

17区の目抜き通りであるバティニョール通りをまっすぐ北に歩いていくと、突き当たりに白い建物が見えます。一見田舎の役所のようにも見えるこの建物は、サント・マリー・デ・バティニョール教会。19世紀に建てられた小さな教会です。毎日多くの人が訪れる壮大なノートルダム大聖堂も美しいですが、こじんまりとした静かな佇まいのサント・マリー教会も地元にある神社といった感じで親しみがわきます。かつてはパリの外れの村だったバティニョールにあるサント・マリー教会には、聖女テレーズを祀られています。テレーズは1873年にアランソンで生まれました。『ひとつの魂の物語』という本を書き、24歳の若さで結核で亡くなったテレーズは、彼女の本によって多くの人がカトリックに入信したことを理由に、死後守護聖女に認定されます。そのテレーズの像がこの教会の中に安置されています。バティニョール地区を訪れた際には是非教会に足を運んでみてはいかがでしょうか。教会の裏には自然の多く残るバティニョール公園もあり、散策の休憩に最適です。

ヨーゼフ・ロートの小説『聖なる酔っぱらいの伝説』のラストシーンの舞台になった

サント・マリー・デ・バティニョール教会は、ヨーゼフ・ロートの小説『聖なる酔っぱらいの伝説』の舞台になったことでも知られています。ヨーゼフ・ロートはオーストリア・ガリシア出身のユダヤ系作家。主人公のアンドレアスは作者と同じガリシア出身。パリにきてホームレスとなってしまい、パリのセーヌ河岸で寝ているところから物語は始まります。ある紳士からお金を借りたアンドレアスはそのお金を使って生活を改善していきます。最後にようやく紳士にお金を返そうとして向かうのがサント・マリー・デ・バティニョール教会。紳士はその教会に祀られている聖女テレーズの物語を読んでキリスト教に改宗したため、アンドレアスに返済金を教会に寄付するように頼んでいました。アンドレアスは最終的には教会にたどり着こうとしますが、教会近くのカフェである女性に出会い、物語は衝撃的な結末を迎えます。パリに住む外国人ホームレスの身に起きた、奇跡の物語。ご興味のある方は是非『聖なる酔っぱらいの伝説』を読んでこの教会を訪れてみてはいかがでしょうか。
パリ観光基本情報
サント・マリー・デ・バティニョール教会 / Sainte-Marie des Batignolles
パリの観光地
オープン(完成):
住所:77 place du Docteur Felix Lobligeois, 75017 Paris
最寄メトロ:Brochant(ブロシャン)、Rome(ローム)
エリア:
カテゴリ:パリの観光スポット
関連:その他のおすすめパリ観光

関連するパリ観光

パリの観光地
観光スポット
パリの観光地

さらにパリを見る

パリの観光地
パリの観光地
パリの人気エリア
パリの人気エリア
パリの歴史・文化
パリの歴史・文化
パリのカフェ
パリのカフェ
パリの芸術・文学
パリの芸術・文学
パリの通り
パリの通り
パリ観光サイト「パリラマ」に関しまして
パリラマはパリを紹介する観光情報サイトです。パリの人気観光地からあまり知られていない穴場まで、パリのあらゆる場所の魅力を提供することを目的としています。情報は変更される場合があります。最新情報はそれぞれの公式サイト等でご確認ください。
ページTOP
パリ観光地一覧
サイトHOME