パリ観光

光の都パリの奥地へ。観光地からマニアックな穴場までご案内します。

パリの全てが「光景」となる

パリの観光地、誰もいない路地裏、文学の一文に書かれた場所。その全てがパリであり、記憶に残すべき光景です。「パリラマ」ではパリの全てを印象深い体験にするために、パリに関するあらゆる場所に光を当てます。

パリの魅力

世界一の観光地パリとは?
パリの魅力:一言では表現できない様々な魅力に富んだ街

定義できない魅力

世界で最も観光客の多い都市と言われるパリには、そういわれるだけの理由があります。事実、フランスの外国人観光客の訪問者数は世界一で、それだけ多くの人がこの街の魅力を味わいにパリを訪れています。「光の都」「花の都」など、様々な呼び名で言われるパリで、訪問者は実際に今まで感じたことのなかった光や香りを五感で感じ取ります。パリの特徴を言えば、美しい建物、伝統的でありながら多様なカフェ、伝統と革新のグルメ、豊富な美術館、安らぎの公園などが挙げられます。そして重要なのは、パリのあらゆるところが目的地であり、旅行者の数だけパリの魅力が潜んでいるということです。それはパリとはこういうものだと一概に定義できない魅力でもあります。
パリの魅力:世界水準の美術館から小さな美術館までが集まるアートの街

芸術と対話する

パリは芸術の街と言われます。ルーヴル美術館やオルセー美術館を始めとする世界的に有名な美術館では、一度は観たかった絵画を目の前でゆっくり鑑賞する贅沢を体験でき、また街中の小さな美術館では芸術作品と自分だけの貴重な時間を過ごすことができます。美術館の他にも、パリ市内には無数のギャラリー(画廊)があり、絵画や写真、彫刻など様々なジャンルのアートを気軽に見ることができます。それらの小宇宙はもしかしたら大きな美術館より深く広いかもしれません。また、街を歩けば画家や作家が創作活動を行ったアパルトマンやカフェが残り、その場の空気を吸うことができます。最近では壁に描かれたグラフィティも人気で、最新パリのアーティストの主張を知ることができます。まさにパリは芸術と対話できる街なのです。
パリの魅力:休息と思考と議論ができるカフェの街

休息と思考と議論の場

もちろんフランスの美食文化も忘れてはいけません。街角のパン屋のバゲットからカフェの伝統料理、高級レストランのディナーまで、フランスでは胃を休める暇がないほどです。その中でも身近なものがカフェ。パリと聞いて多くの人が思い浮かべる物の一つがカフェでしょう。17世紀にパリに初めてできたカフェは、文学サロン、政治談議の場、革命の発端など時代によって様々な役割を持ってきました。そして今ではフランス人にとってなくてはならない身近な存在です。それは休息の場であると同時に議論の場でもあり、パリという劇場を見るための特等席でもあります。そして一人で深く思考するためにも最適の場所です。カフェで手紙を書くシーンは、昔のフランス映画でよく見られます。
パリの魅力:世界各国の人が暮らす多様性の街

多様性

日本のメディアが流すパリのイメージだけでパリに出かけると驚かれるかもしれません。パリは外国の芸術家を受け入れてきた多様性の街です。現在ではヨーロッパ諸国や北アフリカ諸国の移民が生活をし、自分たちのコミュニティを築いています。その中にはヨーロッパ・アフリカだけでなくインドや中国のコミュニティも含まれます。そしてユニークな芸術家は今でもパリのあちこちにいます!パリの街を歩けば、様々な異国を歩いた気持ちになり、パリが決して一つのイメージに括られない多様性に富んだコスモポリタンな文化都市であることに気づくでしょう。
パリの魅力:多様な愛が生まれるロマンスの街

ロマンス

パリは何かが起こる街であり、常に刺激にあふれています。パリを歩く一人ひとりが劇場の役者にも見え、小説の背景を背負っているように見えるのは偶然ではないかもしれません。それは石畳の路地が多いモンマルトルの丘、マレ、サン・ジェルマン・デ・プレ、19世紀のパサージュ、美しい橋がかかるセーヌ河岸など、ロマンチックなストーリーの背景となる場所がたくさんあるから。パリの様々な場所を注意深く見れば、場所を選ばず様々な出会いとロマンスが見つかるはずです。パリにいるのは旅行者ではなく、様々な形の男と女であり、相手を尊重し人生を前向きに楽しむ人々です。
パリ観光サイト「パリラマ」に関しまして
パリラマはパリを紹介する観光情報サイトです。パリの人気観光地からマニアックな場所まで、パリのあらゆる場所の魅力を提供することを目的としています。掲載情報に関しては古い場合がございますので、最新情報はそれぞれの公式サイトでご確認ください。 写真は全て運営者が撮影しております。
ページTOP
連絡先
サイトHOME