パリの観光スポット
パリ観光地:パサージュ・ブラディ

パサージュ・ブラディ
Passage Brady

パリの中のインドへ

パサージュ・ブラディ

パリの中のインドへ

パリ10区にあるパサージュ・ブラディは、紹介したパサージュの中でもかなり異質な部類に入ります。移民の多いストラスブール大通りとフォブール・サン・ドニ通りを結び、北に少し歩くと北駅・東駅があります。この辺りに旅行者が抱くフランス的な要素は少なく、異国的な香りが漂っています。パサージュ内は一種の「インド・パキスタン村」になっており、数多くのインド・パキスタン料理の店や香辛料を売る屋台、床屋などが軒を連ね、まるでアジアのバザールに来たかのような錯覚に見舞われます。寂れているパサージュの中では比較的活気がありますが、それはインド人やパキスタン人による熱気といえそうです。異国的な雰囲気を味わいたい方にはおすすめのパサージュですが、この辺りの治安はあまりよいとは言えませんので観光するときは手荷物に注意して散策しましょう。

大通りの開通で半分に

パサージュ・ブラディは商人ブラディによって1828年に造られました。フォーブール・サン・ドニ通りとフォーブール・サン・マルタン通りをつなぐ抜け道として開発され、開通当時は多くのテナントも入り賑わいをみせました。しかし1854年にパサージュの真ん中を横切るようにセバストポール大通りが開通すると、パサージュの中央にあった優雅なロトンド(円形広場)も撤去され、パサージュは半分に削減されてしまいました。その後均一な美を失ったパサージュから徐々に客足が途絶えていきました。

1970年代からインド人村に

パサージュ・ブラディが今のようなインド人村になったきっかけは1973年。インドに残っていたフランス領ポンディシェリからやってきた人々がこのパサージュにインド料理店を開いたのが始まりでした。その後、うわさを聞きつけた多くのインド人やパキスタン人が同じように店を開き、現在のようなインド・パキスタン村ができあがりました。ところで東京にも江東区西葛西辺りにインド人コミュニティが昔からできており、このようなインド人の同国人同士のつながりの強さを感じさせます。

格安でインド料理が味わえる

パサージュ・ブラディ散策でのおすすめは、やはりインド料理。パサージュ内のレストランは非常に安く、10ユーロ以下でランチが食べられるところはパリでは他にありません。パリに疲れてアジア的な異国情緒を楽しみたい方には最適のパサージュといえそうです。インドならではの美味しいカレーも味わえます。おすすめのレストランはPalais des Rajpout、Passage de Pondicherry、Pooja(どこも定食が7〜8ユーロ)。

パサージュ・ブラディ周辺にも魅力がたくさん!

パサージュ・ブラディ内だけでなく、パサージュの周辺には多くのレストラン、食料品店、雑貨店が集まっています。インドの伝統医学であるアーユルヴェーダを扱ったサプリを提供する健康食品店やカレー粉やココナッツが売られているスーパー、安価なベジタリアンレストラン、無料体験のあるヨガセンターなどがあり、パリにいながらインドの世界を味わうことができます。パリ滞在で時間に余裕のある方は是非パサージュ・ブラディ周辺に出かけてみてはいかがでしょうか。
パリ観光基本情報
パサージュ・ブラディ / Passage Brady
パリの観光地
オープン:1826年
住所:33 boulevard de Strasbourgと46 rue du Fg Saint-Denisの間
最寄メトロ:Chateau d'Eau(Chateau d'Eau)
エリア:
カテゴリ:パリの観光スポット
関連:その他のおすすめパリ観光
パサージュ・ブラディへのアクセス(地図)
パサージュ・ブラディへのアクセス(地図)

関連するパリ観光

パリの観光地
観光スポット
パリの観光地

さらにパリを見る

パリの観光地
パリの観光地
パリの人気エリア
パリの人気エリア
パリの歴史・文化
パリの歴史・文化
パリのカフェ
パリのカフェ
パリの芸術・文学
パリの芸術・文学
パリの通り
パリの通り
パリ観光サイト「パリラマ」に関しまして
パリラマはパリを紹介する観光情報サイトです。パリの人気観光地からあまり知られていない穴場まで、パリのあらゆる場所の魅力を提供することを目的としています。情報は変更される場合があります。最新情報はそれぞれの公式サイト等でご確認ください。
ページTOP
パリ観光地一覧
サイトHOME