パリの人気エリア
パリの人気地区:ヴィアデュック・デ・ザール(フォーブール・サン・タントワーヌ)

フォーブール・サン・タントワーヌ

昔からの家具工房が残るかつてのパリ城外
パリの人気地区:フォーブール・サン・タントワーヌ
パリの人気地区:フォーブール・サン・タントワーヌ
パリの人気地区:フォーブール・サン・タントワーヌ
パリの人気地区:フォーブール・サン・タントワーヌ
パリの人気地区:フォーブール・サン・タントワーヌ
パリの人気地区:フォーブール・サン・タントワーヌ
パリの人気地区:パッサージュ・デュ・シャンティエ(フォーブール・サン・タントワーヌ)
パリの人気地区:パッサージュ・デュ・シャンティエ(フォーブール・サン・タントワーヌ)
パリの人気地区:パッサージュ・デュ・シャンティエ(フォーブール・サン・タントワーヌ)
パリの人気地区:パッサージュ・デュ・シャンティエ(フォーブール・サン・タントワーヌ)
パリの人気地区:パッサージュ・デュ・シャンティエ(フォーブール・サン・タントワーヌ)
パリの人気地区:パッサージュ・デュ・シャンティエ(フォーブール・サン・タントワーヌ)
パリの人気地区:パッサージュ・シュヴァル・ブラン(フォーブール・サン・タントワーヌ)
パリの人気地区:パッサージュ・シュヴァル・ブラン(フォーブール・サン・タントワーヌ)
パリの人気地区:クール・デュ・ベレール(フォーブール・サン・タントワーヌ)
パリの人気地区:クール・デュ・ベレール(フォーブール・サン・タントワーヌ)
パリの人気地区:クール・デュ・ベレール(フォーブール・サン・タントワーヌ)
パリの人気地区:パッサージュ・ロム(フォーブール・サン・タントワーヌ)
パリの人気地区:パッサージュ・ロム(フォーブール・サン・タントワーヌ)
パリの人気地区:パッサージュ・ロム(フォーブール・サン・タントワーヌ)
パリの人気地区:パッサージュ・ロム(フォーブール・サン・タントワーヌ)
パリの人気地区:パッサージュ・ロム(フォーブール・サン・タントワーヌ)
パリの人気地区:パッサージュ・ロム(フォーブール・サン・タントワーヌ)
パリの人気地区:パッサージュ・ロム(フォーブール・サン・タントワーヌ)
パリの人気地区:パッサージュ・ロム(フォーブール・サン・タントワーヌ)
パリの人気地区:クール・ドゥ・レトワール・ドー(フォーブール・サン・タントワーヌ)
パリの人気地区:クール・ドゥ・レトワール・ドー(フォーブール・サン・タントワーヌ)
パリの人気地区:クール・ドゥ・レトワール・ドー(フォーブール・サン・タントワーヌ)
パリの人気地区:クール・ドゥ・レトワール・ドー(フォーブール・サン・タントワーヌ)
パリの人気地区:クール・ドゥ・レトワール・ドー(フォーブール・サン・タントワーヌ)
パリの人気地区:クール・ドゥ・レトワール・ドー(フォーブール・サン・タントワーヌ)
パリの人気地区:クール・ドゥ・トワ・フレール(フォーブール・サン・タントワーヌ)
パリの人気地区:クール・ドゥ・トワ・フレール(フォーブール・サン・タントワーヌ)
パリの人気地区:クール・ドゥ・トワ・フレール(フォーブール・サン・タントワーヌ)
パリの人気地区:クール・ドゥ・トワ・フレール(フォーブール・サン・タントワーヌ)

フォーブール・サン・タントワーヌ

昔からの家具工房が残るかつてのパリ城外

フランス革命を扱ったディケンズの小説「二都物語」によれば、フランス革命はこのサン・タントワーヌ地区から始まりました。革命当時ここはパリの東方城外、バスチーユ監獄とセーヌ川に挟まれた貧しい人々が住む地区でした。家具職人の多かったこの場所で、人々は貧困の中で徐々に国への怒りをため、最後には武器を持って立ち上がりました。そして最初に襲撃したのは、すぐ近くにあった絶対王政の象徴バスチーユ監獄。19世紀には家具職人や石工などの労働者が集まり、ストライキのためのバリケードをはったエリアでもあります。

バスティーユ界隈は中世から家具職人の集まる場所として有名でした。かつて近くのセーヌ川に浮かんでいたルーヴィエ島が材木置き場として使われていて、家具の材料の流通が盛んだったそうです。その様子は1670年頃に作られた版画にも描かれています。そして当時の国王だったルイ14世の保護もあり、多くの職人が集まる職人街として栄えました。 しかし職人街は革命の温床にもなりました。パリのストライキ運動が頂点に達した1840年9月にフォーブール・サン・タントワーヌ街に4つのバリケードが現れ、多くの労働者が軍隊と衝突。パリは騒乱状態になりました。ストライキ参加者の多くは指物工や大工、石工、機械工などで、バリケードは馬車・荷車・建築資材などで作られました。

今もここにはそんな時代から続く職人気質の人々が住み、多くの家具工房が残っています。この地区のメインストリートであるフォーブール・サン・タントワーヌ通りの両側には、そんな工房の潜む魅力的な小道がたくさん存在します。パリで唯一の職人の地区であり、路地裏散策好きにも人気のエリア。バスチーユ広場からすぐ。

観光スポット(1):パッサージュ・デュ・シャンティエ(Passage du Chantier)

「作業場の通り道」という意味。古い下町パリの雰囲気が残る石畳の道。家具屋が多い。セドリック・クラピッシュの映画「猫が行方不明」の舞台。この辺りはパリでは珍しく猫が多い。

観光スポット(2):パッサージュ・シュヴァル・ブラン(Passage du Cheval Blanc)

「白馬の抜け道」という意味。賑やかなバスチーユ中心部にある家具工房が残る静かな通り。最近若者に人気のラップ通りの近くにある。

観光スポット(3):クール・デュ・ベレール(Cour du Bel-Air)

ブドウの蔓で覆われた家が残る美しい田舎風の庭。「美しい空気の中庭」という意味で、その名の通り静かな中庭には新鮮な空気が満ちています。交通量の多いフォーブール・サンタントワーヌ通りに面して入り口がありますが、中に入ると景色は一変、まるで別世界に入ったような落ち着ける空間です。家具職人のアトリエはたいてい大通りを一本入った小道や中庭にあります。クール・デュ・ベレールもその一つ。中庭にはアジサイなどの花が咲き、小さなブティックや写真のアトリエなどがあります。

観光スポット(4):パッサージュ・ロム(Passage l'Homme)

「男の通り道」という意味。落ち着いた緑豊かな抜け道で、昔からの職人街の姿をよく残す。

観光スポット(5):クール・ドゥ・レトワール・ドー(Cour de l'Etoile d'Or)

「黄金の星の中庭」という意味。緑豊かな袋小路で、家具工房が残る。子供が遊んでいた。

観光スポット(6):クール・ドゥ・トワ・フレール(Cour des 3 freres)

「3兄弟の中庭」という意味。家具工房が残る職人たちの中庭。

観光スポット(7):ヴィアデュック・デ・ザール

パリは使わなくなったものも壊さずに残しておくことに関しては天才的。1969年に廃線となった国鉄近郊鉄道の高架橋を利用したヴィアデュック・デ・ザールもその一つで、ここでは流行の最先端をいくデザイナーやサン・タントワーヌ地区の家具職人たちが高架橋のレンガ造りのアーチの下で店を開いています。高架下のアーチ部分を見事に利用したガラス張りのブティックはウィンドウショッピングに最適。職人のアトリエや生地、人形修復、インテリアのお店などが入っています。

通りの西端はバスティーユ広場

サンタントワーヌ通りの西の端にはバスティーユ広場があります。今若者の間で人気のパリエリアといえばこのバスティーユ。最新のカフェやバーが店を開き、今ではパリジャンに人気のナイトスポットになっています。もともとはフランス革命の発端になったバスティーユ牢獄があった場所で、名前も牢獄に由来しています。しかし牢獄を思わせる遺跡がほとんど残されてないのが非常に残念です。フランス革命の発端となったバスティーユ襲撃の当日、サンタントワーヌ通りはパリで最も熱気にあふれた場所だったのかもしれません。そして当時はこの通りから巨大なバスティーユ牢獄の姿が見えたに違いありません。その映像はジャック・ドゥミ監督の映画『ベルサイユのばら』の中で描かれています。

関連するパリ観光

パリの観光地
バスティーユ広場
パリの観光地:バスティーユ広場
パリの観光地
オペラ・バスティーユ
パリの観光地:オペラ・バスティーユ

さらにパリを見る

パリの観光地
パリの観光地
パリの人気エリア
パリの人気エリア
パリの歴史・文化
パリの歴史・文化
パリのカフェ
パリのカフェ
パリの芸術・文学
パリの芸術・文学
パリの通り
パリの通り
パリ観光サイト「パリラマ」に関しまして
パリラマはパリを紹介する観光情報サイトです。パリの人気観光地からあまり知られていない穴場まで、パリのあらゆる場所の魅力を提供することを目的としています。情報は変更される場合があります。最新情報はそれぞれの公式サイト等でご確認ください。
ページTOP
パリ観光地一覧
サイトHOME