パリの人気エリア
パリの人気地区:グルネル

グルネル
Quartier de Grenelle

パリでは珍しい高層ビル群が立つ近未来的なエリア
パリ人気エリア:グルネル
パリ人気エリア:グルネル
パリ人気エリア:グルネル

グルネル

パリ人気エリア:グルネル
ボーグルネル(グルネル)

意外なパリが楽しめるエリア

グルネル地区(Quartier de Grenelle)はパリ15区の北側にあるエリア。観光地的要素は多くありませんが、静かな散策と意外性のあるパリを楽しめるエリアです。北西側はセーヌ川に面し、ビラケム橋グルネル橋が架かっています。北東側はエッフェル塔のあるシャン・ド・マルス公園に面しています。南東側はネッケル地区(Quartier Necker)、南西側はジャベル地区(Quartier de Javel)に面しています。

誰もいない不毛地帯だった

グルネルの地はもともとアンヴァリッドからイッシー・レ・ムリノー(Issy-les-Moulineaux)までの広大な土地を指していて、耕作に向かない土地のため数百年に渡ってほとんど人が住んでいませんでした。1700年頃にはこの地にグルネル城(chateau de Grenelle)とグルネル農場(la ferme de Grenelle)があったことが分かっています(その光景が当時の版画に残っています)。

自動車の工場地帯から近未来的な商業地区へ

20世紀に入って、グルネル地区はフランスの自動車メーカーであるシトロエンの工場地帯として発展しました。1970年代には、パリ市内では珍しい高層ビル群の開発が進み、現在のような近未来的な外観が出来上がりました。グルネルはセーヌ川沿いの開発地区であることから「フロン・ドゥ・セーヌ」(Front de Seine)と呼ばれていました。住宅開発と並行して商業エリアとしても注目され、80年代から90年代にかけてボーグルネル・ショッピングセンターがパリジャンの消費を促進させましたが、建物の劣化とともに次第に衰退していきます。しかし2013年に近未来的な姿でリニューアルオープンし、再び注目される地区となりました。
パリ人気エリア:グルネル
パリ日本文化会館(グルネル)

グルネル地区の観光スポット

パリ15区はあとから開発された地区で、伝統的な観光地はほとんどありません。そのため、最も観光客のいない場所とも言われています。そんな中でもパリ日本文化会館は重要な観光スポットの一つです。日本文化を発信するフランスの公的施設で、貴重な日本映画の上映や書道教室などの文化プログラムなどを行っています。
またセーヌ川沿いの散策を楽しみたい方はビラケム橋から白鳥の島に降りてみましょう。ここはセーヌ河の中州で、美しい散歩道をグルネル橋まで歩くことができます。ショッピングを楽しみたい方は近未来的なボーグルネル(ショッピングモール)へ。グルネル橋の近くにあり、様々なブランドショップやレストラン、有名スイーツ店、映画館があります。グルネル地区のセーヌ川沿いにはパリでは珍しいたくさんの高層ビルが立ち、意外なパリの顔を見ることができます。高層ホテルもあるので、グルネル地区に宿泊するときに便利です。
パリ観光基本情報
グルネル / Quartier de Grenelle
パリの観光エリア
最寄メトロ:ビラケム(Bir Hakeim)、シャルル・ミッシェル(Charles Michels)、ラ・モト・ピケ・グルネル(La Motte-Picquet Grenelle)、コメルス(Commerce)、デュプレックス(Dupleix)、アベニュー・エミール・ゾラ(Avenue Emile-Zola)
カテゴリ:パリの観光エリア
関連:グルネルの観光スポット
グルネルへのアクセス(地図)
グルネルへのアクセス(地図)

関連するパリ観光

パリの観光地
ビラケム橋
パリの観光地:ビラケム橋
パリの観光地
グルネル橋
パリの観光地:グルネル橋
パリの観光地
パリ日本文化会館
パリの観光地:パリ日本文化会館

さらにパリを見る

パリの観光地
パリの観光地
パリの人気エリア
パリの人気エリア
パリの歴史・文化
パリの歴史・文化
パリのカフェ
パリのカフェ
パリの芸術・文学
パリの芸術・文学
パリの通り
パリの通り
パリ観光サイト「パリラマ」に関しまして
パリラマはパリを紹介する観光情報サイトです。パリの人気観光地からあまり知られていない穴場まで、パリのあらゆる場所の魅力を提供することを目的としています。情報は変更される場合があります。最新情報はそれぞれの公式サイト等でご確認ください。
ページTOP
パリ観光地一覧
サイトHOME