パリのカフェ
パリのカフェ:ブラッスリー・リップ

ブラッスリー・リップ

ヘミングウェイがビールを飲んだ老舗の名店
パリのカフェ:ブラッスリー・リップ(外観)
パリのカフェ:ブラッスリー・リップ(外観)
パリのカフェ:ブラッスリー・リップ(店内)
パリのカフェ:ブラッスリー・リップ(食事)
パリのカフェ:ブラッスリー・リップ(食事)
パリのカフェ:ブラッスリー・リップ(夜の外観)
パリのカフェ:ブラッスリー・リップ(夜の外観)

ブラッスリー・リップ

パリのカフェ:ヘミングウェイが食べたセルブラ・レムラード(ブラッスリー・リップ)
ヘミングウェイが食べたセルブラ・レムラード(ブラッスリー・リップ)

ヘミングウェイがビールを飲んだ老舗の名店

サンジェルマン・デ・プレの有名カフェはドゥ・マゴとフロールともう一つあります。パリ滞在中の作家ヘミングウェイが通ったブラッスリー・リップです。彼は原稿料が入るとすぐにこの店へ向かい、セルブラ・レムラード(ソーセージのマスタード添え)とポム・ア・リュイル(ジャガイモのオイル漬け)、そして生ビールを250cc頼みました(アーネスト・ヘミングウェイ「移動祝祭日」)。ブラッスリー・リップは羽目板張りの19世紀の内装を残した美しいカフェ・ブラッスリーで、1880年にレオナール・リップが開業しました。サンジェルマン大通りに面し、ちょうどサン・ジェルマン・デ・プレ教会の向かいになります。場所柄のせいか、客層は政治家やインテリ客が多いようです。人気の席は2階の禁煙席より1階の喫煙席らしく、喫煙率の高いパリジャンの性質を表しています。黒いベストにボウタイ、長くて白いエプロンという昔ながらの服装のギャルソンが給仕をしてくれる、パリでも珍しい正統派のブラッスリー。ヘミングウェイのいた1920年代当時の雰囲気を味わえる貴重な空間で、クラシックなフランス料理を堪能してみてはいかがでしょうか。
パリ観光基本情報
ブラッスリー・リップ / Brasserie Lipp
パリのカフェ
人気メニュー:シュークルート・ガルニ(ハム・ソーセージを添えたシュークルート)、ジャレ・ド・ポール・オ・ランティーユ(豚の塊肉とレンズ豆)
住所:151 Boulevard Saint-Germain, 6e Paris
最寄メトロ:サン・ジェルマン・デ・プレ(Saint-Germain des Pres)
エリア:サン・ジェルマン・デ・プレ
カテゴリ:パリのカフェ
関連:その他のおすすめパリ観光

さらにパリを見る

パリの観光地
パリの観光地
パリの人気エリア
パリの人気エリア
パリの歴史・文化
パリの歴史・文化
パリのカフェ
パリのカフェ
パリの芸術・文学
パリの芸術・文学
パリの通り
パリの通り
パリ観光サイト「パリラマ」に関しまして
パリラマはパリを紹介する観光情報サイトです。パリの人気観光地からあまり知られていない穴場まで、パリのあらゆる場所の魅力を提供することを目的としています。情報は変更される場合があります。最新情報はそれぞれの公式サイト等でご確認ください。
ページTOP
パリ観光地一覧
サイトHOME