パリのカフェ
パリのカフェ:ル・プロコープ

ル・プロコープ

パリで最も古いカフェ、パリ初のアイスクリームも販売
パリのカフェ:ル・プロコープ
パリのカフェ:ル・プロコープ
パリのカフェ:ル・プロコープ

ル・プロコープ

パリで最も古いカフェ、パリ初のアイスクリームも販売

シチリア人フランチェスコ・プロコピオが1686年に開いたカフェ。パリで最も古いカフェ(レストラン)としてよく知られる名店です。創業者のプロコピオはフランスで初めてジェラート(アイスクリーム)を売った人物でもあり、1672年にはアイスクリームの店を構えています。彼はもともとパスカルというアルメニア人がパリで初めて開いたカフェで働いていましたが、パスカルが店を閉めてロンドンに渡ってしまうと、あとを継いで新しくカフェを開きます。それが今も残るパリ最古のカフェ、プロコープです。ちなみに店の名前の「プロコープ」とはプロコピオをフランス式に発音したもの。

ヴォルテールやルソーも訪れ、文学サロンや議論の場になった

当初から文学者や哲学者、啓蒙思想家が集い、その中にはヴォルテールやルソー、ディドロ、ベンジャミン・フランクリンなどがいました。ベンジャミン・フランクリンは、このカフェでアメリカ独立宣言の草書を書いたと言われています。今ではカフェというとコーヒーを飲みおしゃべりをしたり読書をしたりする場所ですが、当初は「文学サロン」としての役割がありました。革命期にはロベスピエールやジョルジュ・ダントン、ジャン=ポール・マラーなどの政治家が議論を交わす場所ともなり、フランス革命前夜には多くの革命家がここに集まりました。またフランス革命後には若き日のナポレオンも訪れました。彼はお金の代わりに帽子を置いていき、ナポレオンの帽子は今でもお店に飾られています。19世紀には詩人ヴェルレーヌやオスカー・ワイルドも訪れました。オープンからすでに320年以上。多くの文化人に愛され続けてきた老舗中の老舗カフェです。

クラシックなフレンチ料理が楽しめる

現在ル・プロコープではカフェだけではなくレストランとしても営業していて、昔ながらのクラシックなフレンチを味わうことができます。前菜はフォアグラやエスカルゴ、オニオンスープなど、メインはタルタルステーキや鴨のコンフィなどが人気です。デザートには大きなクレームブリュレを食べられます。

貴族の館のような内装、コーヒーだけの注文も可能

プロコープの内装は貴族の館のような豪華さで、2階には気持ちのいいテラスもあります。店内には多くの壁画が残され、ラ・フォンテーヌの「寓話」に登場するアリやセミ、ウサギや亀などの動物たちの絵もあります。今はレストランになっているので食事がメインですが、コーヒーだけの注文も可能です(元々パリではカフェとレストランの区別は曖昧なようです)。かつては作家・政治家たちの議論の場だったカフェ。ブルボン王朝から続くパリ最古のカフェで、素晴らしい時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。
パリ観光基本情報
ル・プロコープ / Le Procope
パリのカフェ
住所:13 rue de l'ancienne comedie, 6e Paris
最寄メトロ:サンジェルマン・デ・プレ(Saint-Germain des Pres)、オデオン(Odeon)
エリア:サン・ジェルマン・デ・プレ
カテゴリ:パリのカフェ
関連:その他のおすすめパリ観光

さらにパリを見る

パリの観光地
パリの観光地
パリの人気エリア
パリの人気エリア
パリの歴史・文化
パリの歴史・文化
パリのカフェ
パリのカフェ
パリの芸術・文学
パリの芸術・文学
パリの通り
パリの通り
パリ観光サイト「パリラマ」に関しまして
パリラマはパリを紹介する観光情報サイトです。パリの人気観光地からあまり知られていない穴場まで、パリのあらゆる場所の魅力を提供することを目的としています。情報は変更される場合があります。最新情報はそれぞれの公式サイト等でご確認ください。
ページTOP
パリ観光地一覧
サイトHOME