パリのカフェ
パリのカフェ:シャノワール

シャノワール

「黒猫」の絵で有名なキャバレー
パリのカフェ:シャノワール
パリのカフェ:シャノワール
パリのカフェ:シャノワール
パリのカフェ:シャノワール
パリのカフェ:シャノワール
パリのカフェ:シャノワール
パリのカフェ:シャノワール

シャノワール

「黒猫」の絵で有名なキャバレー

パリに行ったことのある人は、お土産屋で黒猫の描かれたポスターを見たことがあるかもしれません。これはシャノワール(黒猫)というキャバレーのポスターです。シャノワールは19世紀の1882年にできたフランス初のキャバレー。当時芸術の中心地でボヘミアン地区であったモンマルトルにオープンしました。店の名前は当時ボードレールの翻訳で人気のあったエドガー・アラン・ポーの小説「黒猫」(Chat Noir)にちなんでつけられました。お店を作ったのはボヘミアンで作家と交流のあったロドルフ・サリス(Rodolphe Salis)。彼はジャーナリストであるエミール・グドー(Emile Goudeau)とともに作家や画家のエスプリあふれる会話を見世物とする新しい文化的な酒場を思いつきました(それまでは舞台での出し物を見せるカフェ・コンセールが主流でした)。アイディアを実行に移すため、サリスは酒場用の貸店があったロシュシュアール大通り84番地に店を構えます。画家スタンラン(Theophile Steinlen)に依頼したお店のポスターは、100年以上経った今でもモンマルトルの土産物屋で見かけるほど有名になりました。姿勢のいい黒猫のイラストは一度見たら忘れられませんよね。文学的な香りの漂うシャノワールは多くの作家や芸術家が通い、その中にはネルヴァルやハイネもいました。またムーラン・ルージュのスケッチ画で有名な画家ロートレックがシャノワール店内の様子を作品に残しています。

人気になりすぎて閉店。静かなラヴァル通りに移転

その後人気になったシャノワールにはいわゆるゴロツキが出入りするようになり、それを嫌った経営者のサリスは店を閉め、閑静なラヴァル通り(現在のヴィクトール・マセ通り)に新しいシャノワールを開店しました。閉店後のシャノワールのあった場所には、そこで歌っていた歌手アリスティッド・ブリュアンにより新たなカフェ・コンセール「ル・ミルリトン」がオープンします。こちらは下層社会による上流階級への痛烈な批判をシャンソンで歌い、それが逆に上流階級のお客たちに人気となりました。背徳的な客のいる店内で、普段は嗅ぐことのできない危険な香りが日常に退屈していたブルジョワジーのお客を刺激したようです。

エディット・ピアフも歌った、現在の新しい黒猫

現在、クリシー大通り68番地(68 Boulevard de Clichy)にはシャノワールというカフェがあります。元祖のシャノワールとは別の店ですが、1950年台にエディット・ピアフが「愛の賛歌」を歌った場所として有名です。店内にはロートレックの絵が飾られています。カフェの左隣には赤と黒を基調とした斬新な色合いのシャノワール・デザイン・ホテルがあります。シャノワールの名前は、現在のフランスにも生き残り、当時の想いを伝えているようです。
パリ観光基本情報
シャノワール / Chat Noir
パリのカフェ
住所:68 boulevard de Clichy 18e Paris
最寄メトロ:ブランシュ(Blanche)
エリア:モンマルトル
カテゴリ:パリのカフェ
関連:その他のおすすめパリ観光

さらにパリを見る

パリの観光地
パリの観光地
パリの人気エリア
パリの人気エリア
パリの歴史・文化
パリの歴史・文化
パリのカフェ
パリのカフェ
パリの芸術・文学
パリの芸術・文学
パリの通り
パリの通り
パリ観光サイト「パリラマ」に関しまして
パリラマはパリを紹介する観光情報サイトです。パリの人気観光地からあまり知られていない穴場まで、パリのあらゆる場所の魅力を提供することを目的としています。情報は変更される場合があります。最新情報はそれぞれの公式サイト等でご確認ください。
ページTOP
パリ観光地一覧
サイトHOME