パリの人気エリア
パリの人気地区:モンマルトル

モンマルトル

パリで一番高い丘
パリ人気エリア:モンマルトル
パリ人気エリア:モンマルトル
パリ人気エリア:モンマルトル
パリ人気エリア:モンマルトル
パリ人気エリア:モンマルトル
パリ人気エリア:モンマルトル
パリ人気エリア:モンマルトル
パリ人気エリア:モンマルトル
パリ人気エリア:モンマルトル
パリ人気エリア:モンマルトル
パリ人気エリア:モンマルトル
パリ人気エリア:モンマルトル
パリ人気エリア:モンマルトル
パリ人気エリア:モンマルトル
パリ人気エリア:モンマルトル
パリ人気エリア:モンマルトル
パリ人気エリア:モンマルトル
パリ人気エリア:モンマルトル
パリ人気エリア:モンマルトル
パリ人気エリア:モンマルトル
パリ人気エリア:モンマルトル
パリ人気エリア:モンマルトル
パリ人気エリア:モンマルトル
パリ人気エリア:モンマルトル
パリ人気エリア:モンマルトル
パリ人気エリア:モンマルトル
パリ人気エリア:モンマルトル

モンマルトル

モンマルトルの由来は?

パリの右岸18区にあるパリで一番高い丘。この丘は約2000年前から信仰の対象となっていて、ローマの商売の神メリクリウスを祀った神殿がありました。3世紀にパリで初めてキリスト教を布教したサン・ドニが首を切り落とされた場所で、殉教者の丘モン・デ・マルティール(Mont des Martyrs)が名前の由来とされています。モンマルトルは今でこそ有名観光地ですが、19世紀まではブドウ畑と風車が回るひなびた農村でパリの郊外に位置していました。その頃はパリの税法が適用されないため、多くの人がここに移り住み、その結果安い居酒屋が多くできました。丘の上で修道女たちがワインを作っていたことも飲み屋街になる要因でした。1860年、当時のセーヌ県知事オスマンの命によって12区だったパリは20区に拡大されます。その拡大によってモンマルトルはパリ市の一部に組み込まれました。

19世紀の半ばからは、パリ改造で整備されてしまったパリ市内から逃れるように多くの芸術家たちがモンマルトルの丘に集まり、まだ残る農村風景をカンバスに描きました。そして19世紀の末には、自由奔放な芸術家たちの溜まり場となり、エミール・グドー広場にある洗濯船(Bateau Lavoir)にピカソやモディリアーニが暮らしながら絵を描きました。19世紀末から20世紀にかけて、モンマルトルはシャンゼリゼ大通りに代わって「パリ最大の歓楽街」になり、ムーラン・ルージュ(赤い風車)やシャノワール(黒猫)といったキャバレーが生まれました。中でも有名なのは芸術家や文学者が集まっていたラパン・アジル(跳ねウサギ)で、ピカソ、ブラック、アポリネール、マックス・ジャコブ、カルコなどが出入りしました。

1914年以降(または第1次世界大戦後)は、多くの芸術家たちが活動拠点を左岸のモンパルナスに移してしまったため、芸術家の溜まり場としての人気は寂れていきます。これは主にモンマルトルの観光地化・高級住宅地化のためでした。2010年現在では観光客に人気のパリ観光地として栄え、未だに下町的な陽気な雰囲気が残っています。

関連するパリ観光

パリの観光地
サクレ・クール寺院
パリの観光地:サクレ・クール寺院
パリの観光地
モンマルトル墓地
パリの観光地:モンマルトル墓地
パリのカフェ
カフェ・デ・ドゥ・ムーラン
パリのカフェ:カフェ・デ・ドゥ・ムーラン

さらにパリを見る

パリの観光地
パリの観光地
パリの人気エリア
パリの人気エリア
パリの歴史・文化
パリの歴史・文化
パリのカフェ
パリのカフェ
パリの芸術・文学
パリの芸術・文学
パリの通り
パリの通り
パリ観光サイト「パリラマ」に関しまして
パリラマはパリを紹介する観光情報サイトです。パリの人気観光地からあまり知られていない穴場まで、パリのあらゆる場所の魅力を提供することを目的としています。情報は変更される場合があります。最新情報はそれぞれの公式サイト等でご確認ください。
ページTOP
パリ観光地一覧
サイトHOME