パリの観光スポット
パリ文学スポット:ホテルイストリア

ホテルイストリア

1920年代に芸術家を受け入れた伝説的ホテル
パリ文学スポット:ホテルイストリア
パリ文学スポット:ホテルイストリア

ホテルイストリア

1920年代に芸術家を受け入れた伝説的ホテル

1920年代はパリが芸術的沸騰に包まれた時代でした。多くの作家や画家がパリを目指して集まり、カフェでは様々な議論が交わされました。その中心はパリ14区のモンパルナスで、当時は「世界の首都」とも言われていました。その近くにあるのがホテルイストリア。このホテルには当時多くの芸術家が宿泊し、様々な芸術談義が行われていたそうです。

マン・レイやリルケが泊まった

ホテルイストリアに宿泊した芸術家には、フランシス・ピカビア(フランスの画家・詩人)、マルセル・デュシャン(フランスの美術家)、モイズ・キスリング(ポーランドの画家)、マン・レイ(アメリカの画家・写真家)、モンパルナスのキキ(フランスの女優・モデル)、エリック・サティ(フランスの作曲家)、ライナー・マリア・リルケ(オーストリアの作家)、トリスタン・ツァラ(フランスの詩人)、エルザ・トリオレ(フランスの女性作家)、ウラジミール・マヤコフスキー(ロシアの詩人)、ルイ・アラゴン(フランスの作家)などがいます。現在は完全に改装され空調設備も新しくなっていますが、かつてここに世界の芸術家が集まっていたかと思うと感慨深いものがあります。花々のあふれるテラスが親密な雰囲気の美しいホテルは、文学的な歴史を含んだパリらしい名所の一つです。
パリ観光基本情報
ホテルイストリア
パリの観光地
オープン:
住所:
最寄メトロ:
エリア:
カテゴリ:パリの観光スポット

関連するパリ観光

パリの観光地
パリの観光地

さらにパリを見る

パリの観光地
パリの観光地
パリの人気エリア
パリの人気エリア
パリの歴史・文化
パリの歴史・文化
パリのカフェ
パリのカフェ
パリの芸術・文学
パリの芸術・文学
パリの通り
パリの通り
パリ観光サイト「パリラマ」に関しまして
パリラマはパリを紹介する観光情報サイトです。パリの人気観光地からあまり知られていない穴場まで、パリのあらゆる場所の魅力を提供することを目的としています。情報は変更される場合があります。最新情報はそれぞれの公式サイト等でご確認ください。
ページTOP
パリ観光地一覧
サイトHOME