パリの通り
パリの通り:オデオン通り

オデオン通り

20世紀モダニズム文学の足跡が残る静かな通り
パリの通り:オデオン通り
パリの通り:オデオン通り
パリの通り:オデオン通り
パリの通り:オデオン通り
パリの通り:オデオン通り
パリの通り:オデオン通り

オデオン通り

20世紀モダニズム文学の足跡が残る静かな通り

交通量の多くて騒がしいサン・ジェルマン大通りから一歩南へ入ると、急に静けさに満ちた通りに出ます。奥にはオデオン座が見える、一直線のオデオン通りです。1780年に作られた通りで、以前はフランス劇場通り(rue du Theatre Francais)という名前でした。いたって普通の通りですが、ここには20世紀文学の偉大な足跡が残っています。ジェイムズ・ジョイスの問題作『ユリシーズ』を出版し、ヘミングウェイも通ったシルヴィア・ビーチの書店がオデオン通りにありました。通りの突き当たりにあるのは、新古典主義建築のオデオン座。オデオン座の裏はもうリュクサンブール公園のため、この辺りは落ち着いた雰囲気が漂っています。

ヘミングウェイに本を貸したシルヴィア・ビーチの伝説的書店

オデオン通り12番地にあったシェイクスピア&カンパニー書店(Shakespeare and Company)は、長い間パリの文学的シンボルでした。アメリカ人女性シルヴィア・ビーチによって1919年にオープンしたこの英語専門の書店は、アイルランドの作家ジェイムズ・ジョイスの問題作「ユリシーズ」を出版(1922)したことでも有名で、英語を読みたいアメリカ人たちにとって心の拠り所でした。「ユリシーズ」は20世紀モダニズム文学を代表する作品で、マルセル・プルーストの『失われた時を求めて』を並んで20世紀の重要な小説の一つになっています。またパリでの作家修業時代のヘミングウェイに、本を貸したことでも知られ、他にエズラ・パウンド、スコット・フィッツジェラルド、ガートルード・スタインなどパリに渡った多くのアメリカ作家の集う場所になっていました。

しかし世界恐慌で多くのボヘミアン生活をしていたアメリカ人たちが祖国へ帰ると、この書店の経営も苦境に陥っていきました。そして第2次世界大戦中の1941年、書店は永遠の休業に入ります。現在この書店はなくなり、オデオン通り12番地にはその書店があったと書かれたプレートが残るのみです。今はシルヴィア・ビーチの意思を継いだ別の書店が同じシェイクスピア&カンパニー書店という名前でセーヌ河の近くで営業しています。ちなみに書店の向かいのオデオン通り7番地には、シルヴィア・ビーチが書店を開く際に参考にしたとされるアドリエンヌ・モリエの書店ラ・メゾン・デ・ザミ・デ・リーヴル(la Maison des amis des livres, 1915オープン)がありました。アドリエンヌ・モニエはシルヴィア・ビーチの愛人でもあり、彼女と一緒に暮らしていたアパルトマンもやはりオデオン通りの18番地にありました。ヘミングウェイも何度か夕食に呼ばれています。

※シェイクスピア&カンパニー書店は当初デュプイトラン通り8番地にあり、1921年5月にオデオン通り12番地に越してきました

関連するパリ観光

パリの観光エリア
サン・ジェルマン・デ・プレ
パリ人気観光エリア:サン・ジェルマン・デ・プレ
パリの観光地
サン・シュルピス教会
パリの観光地:サン・シュルピス教会

さらにパリを見る

パリの観光地
パリの観光地
パリの人気エリア
パリの人気エリア
パリの歴史・文化
パリの歴史・文化
パリのカフェ
パリのカフェ
パリの芸術・文学
パリの芸術・文学
パリの通り
パリの通り
パリ観光サイト「パリラマ」に関しまして
パリラマはパリを紹介する観光情報サイトです。パリの人気観光地からあまり知られていない穴場まで、パリのあらゆる場所の魅力を提供することを目的としています。情報は変更される場合があります。最新情報はそれぞれの公式サイト等でご確認ください。
ページTOP
パリ観光地一覧
サイトHOME