パリの観光スポット
パリ観光地:グラン・パレ

グラン・パレ
Grand Palais

19世紀最後の万博で作られた巨大なガラスの宮殿
パリ観光地:クリュニー中世美術館

グラン・パレ

19世紀最後の万博で作られた巨大なガラスの宮殿

パリのセーヌ川とシャンゼリゼ大通りの間にある巨大な美術館。「大きな宮殿」という意味で、1900年のパリ万博の際にメイン会場として造られました。同じ年にパリのメトロが開通しています。装飾過剰なロココ・スタイルのデザインが多かったこの万博の中で、鉄とガラスを多用した最先端の建築物でした。アール・ヌーヴォー様式の巨大なガラスの屋根の下には国立ギャラリーがあり、一年に4回ほどのペースで企画展示が行われています。2005年には改修工事が終了し、常設展示が開催されるグラン・パレ国立ギャラリー、パリ・コレの会場として使われるLe Nef、科学技術博物館である発見の殿堂(Palais de la Decouverte)の3つの展示場ができました。他にオーディトリウム、レストラン、映画館などの施設も入り、複合施設として多くのパリ市民に人気です。隣にはプティ・パレ(小さな宮殿)というグラン・パレの対になる建物があり、こちらも1900年に完成。現在はパリ市立美術館になっています。
パリ観光基本情報
グラン・パレ / Grand Palais
パリの観光地
オープン(完成):1900年
住所:3 Avenue du General Eisenhower, 75008 Paris
最寄メトロ:Champs-Elysees-Clemenceau(シャンゼリゼ=クレマンソー)、Franklin D. Roosevelt(フランクリン・D・ルーズベルト)
エリア:パリ8区
カテゴリ:パリの観光スポット
関連:その他のおすすめパリ観光

関連するパリ観光

パリの観光地
プティ・パレ
パリの観光地:プティ・パレ
パリの通り
シャンゼリゼ大通り
パリの通り:シャンゼリゼ大通り

さらにパリを見る

パリの観光地
パリの観光地
パリの人気エリア
パリの人気エリア
パリの歴史・文化
パリの歴史・文化
パリのカフェ
パリのカフェ
パリの芸術・文学
パリの芸術・文学
パリの通り
パリの通り
パリ観光サイト「パリラマ」に関しまして
パリラマはパリを紹介する観光情報サイトです。パリの人気観光地からあまり知られていない穴場まで、パリのあらゆる場所の魅力を提供することを目的としています。情報は変更される場合があります。最新情報はそれぞれの公式サイト等でご確認ください。
ページTOP
パリ観光地一覧
サイトHOME