パリの観光スポット
パリ観光地:アレクサンドル3世橋

アレクサンドル3世橋
Pont Alexandre III

アンヴァリッドとグラン・パレを結ぶパリ一豪華な橋
パリ観光地:アレクサンドル3世橋
パリ観光地:アレクサンドル3世橋
パリ観光地:アレクサンドル3世橋
パリ観光地:アレクサンドル3世橋
パリ観光地:アレクサンドル3世橋
パリ観光地:アレクサンドル3世橋
パリ観光地:アレクサンドル3世橋
パリ観光地:アレクサンドル3世橋
パリ観光地:アレクサンドル3世橋
パリ観光地:アレクサンドル3世橋
パリ観光地:アレクサンドル3世橋
パリ観光地:アレクサンドル3世橋

アレクサンドル3世橋

20世紀の「橋渡し」となった、パリで一番豪華絢爛な橋

パリで最も美しい橋はどこかと問われれば、おそらくこの橋がまず思い浮かぶでしょう。ナポレオンの眠るアンヴァリッドとグラン・パレを結ぶアレクサンドル3世橋は、32あるパリの橋の中で一番豪華な橋。背後に見える黄金のドームを持った建物はアンヴァリッド。この橋は1900年の万博開幕式とあわせて落成された橋で、パリ万博の理念である「芸術・科学・商業・工業」を表す巨大な寓意像が欄干に並び、黄金の松明をもってセーヌを守っています。同じ年にはグラン・パレプティ・パレも建てられ、これらの建物も万博のために造られました。橋の上にはアール・ヌーヴォーの瀟洒な外灯が数多く立ち並び、橋の4隅にある巨大な柱の上には「芸術・農業・闘争・戦争」を意味する黄金の女神像やペガサスが立っています。黄金の像といい外灯といい、どれも豪華で仰々しいほどで、真夜中に動き出して大行進をするのではないかと思えるほどの存在感をもっています。この橋は19世紀末の普仏戦争の敗北後、ドイツに対抗するために結んだ露仏同盟の成立を記念して、ロシア皇帝ニコライ2世の父アレクサンドル3世の名前がつけられました。またエッフェル塔の絶好の撮影スポットでもあり、特に夕暮れの空にそびえるエッフェル塔とセーヌの眺めは素晴らしいです。
パリ観光地:グラン・パレ
グラン・パレ

グラン・パレとプチ・パレ

アレクサンドル3世橋の右岸側には、グラン・パレとプチ・パレという建物があります。これらの2つの建物は1900年に開催されたパリ万博の時に作られた施設で、今も当時のままの建築として残されています。20世紀初期の成功した建築事例の一つといえます。グラン・パレの中には科学啓蒙のための博物館と大展覧会場があり、様々なサロン(エキスポのような催し)が開かれました(最近ではポルト・ド・ヴェルサイユが会場になっています)。もう一つの小さな建物であるプチ・パレにはパリ市の美術館が入っています。2つのパレの先は有名なシャンゼリゼ通りにつながっています。 パリ観光地:アレクサンドル3世橋
アレクサンドル3世橋の下の蚤の市

橋の下で開催される蚤の市

アレクサンドル3世の橋の下のセーヌ河岸では、たまに蚤の市が開催されています。蚤の市と言えばクリニャンクール(サン・トゥーアン)やポルト・ドゥ・ヴァンブが有名ですが、こちらはとても小規模。反対に観光の合間に気軽に立ち寄ることができるし、セーヌ河の風を受けながら見る蚤の市は開放的で気持ちいい。露店では古本、レコード、アンティーク家具、お菓子などが売られていて、たまたまそこを通りかかった散歩者たちの絶好の「暇つぶし」となっています。
パリ観光基本情報
アレクサンドル3世橋 / Pont Alexandre III
パリの観光地
オープン(完成):1900年
住所:Pont Alexandre III, 75008 Paris
最寄メトロ:Invalides(アンヴァリッド)
エリア:セーヌ川周辺
カテゴリ:パリの観光スポット
関連:その他のおすすめパリ観光
アレクサンドル3世橋へのアクセス(地図)
アレクサンドル3世橋へのアクセス(地図)

関連するパリ観光

パリの観光地
アンヴァリッド
パリの観光地:アンヴァリッド
パリの観光地
グラン・パレ
パリの観光地:グラン・パレ
パリの観光地
プティ・パレ
パリの観光地:プティ・パレ

さらにパリを見る

パリの観光地
パリの観光地
パリの人気エリア
パリの人気エリア
パリの歴史・文化
パリの歴史・文化
パリのカフェ
パリのカフェ
パリの芸術・文学
パリの芸術・文学
パリの通り
パリの通り
パリ観光サイト「パリラマ」に関しまして
パリラマはパリを紹介する観光情報サイトです。パリの人気観光地からあまり知られていない穴場まで、パリのあらゆる場所の魅力を提供することを目的としています。情報は変更される場合があります。最新情報はそれぞれの公式サイト等でご確認ください。
ページTOP
パリ観光地一覧
サイトHOME