パリの観光スポット
パリ観光地:ロワイヤル橋

ロワイヤル橋
pont Royal

「王家の橋」という名前のついたセーヌ川に架かる橋。
パリ観光地:ロワイヤル橋
パリ観光地:ロワイヤル橋
パリ観光地:ロワイヤル橋

ロワイヤル橋

パリ観光地:ロワイヤル橋
ロワイヤル橋

ルーヴル美術館の前に架かる頑丈な石橋

「王家の橋」という名前のついたセーヌ川に架かる石橋。右岸にあるパヴィリオン・デュ・フロール(Pavillon de Flore、ルーヴル美術館の一部)と左岸を走るバック通り(rue du Bac)・ボヌ通り(rue de Beaune)をつないでいます。近くにはオルセー美術館ルーヴル美術館チュイルリー公園などの主要観光地があります。ポンヌフマリー橋に次いでパリで3番目に古い橋で、1939年にパリの歴史的建造物に指定されています。橋の前にあるパヴィリオン・デュ・フロールは、かつてはチュイルリー宮殿の一部だった建物で、20世紀初頭に「ロワイヤル橋とパヴィリオン・デュ・フロール」というタイトルでカミーユ・ピサロが油絵に描いています。 パリ観光地:ロワイヤル橋
ロワイヤル橋のたもと

橋のたもとは穴場の散策スポット!

橋の左岸側にセーヌ川に降りられる階段があります。車の行き交う通りから降りるとそこは別世界!壮大な石橋とセーヌの静かな流れを間近に見ることができ、忙しない観光地の中心地でありながらゆったりとした時間の流れを感じることができます。川沿いの石畳を散策することもでき、穴場の散策スポットになっています。

かつては木の橋が架けられていた

ロワイヤル橋ができる前、この辺りは渡し舟でセーヌ河を行き来していました。左岸にあるバック通り(「渡し舟通り」という意味)の名前の由来はここからきています。その後木製の橋が架けられましたが、火災などの自然災害によって2度も崩壊してしまいます。木製橋だった時代はまだロワイヤル橋という名前ではなく、サンタンヌ橋(pont Sainte-Anne)または赤い橋(Pont Rouge)と呼ばれていました。 パリ観光地:ロワイヤル橋
ルイ14世によって造られたことを示すロワイヤル橋のプレート

ルイ14世が威信をかけて造ったロワイヤル橋

当時橋の前にはルーヴル宮殿とチュイルリー宮殿があり、王宮の前に架かる重要な橋ということでルイ14世は威信をかけて橋を再建することを決めます。当時有名だった建築家マンサールらに設計を依頼し、1689年に重厚な石橋が完成しました。5つの半円アーチからなる頑丈な橋で、両岸の橋脚にはセーヌ川が増水したときの水位が記されています。フランス革命期にはナシオナル橋と改名され、1814年まではチュイルリー橋とも呼ばれていました。1850年に一度修復されましたが、完成から300年以上が経った現在も橋は倒壊することはなく、建設当時と同じ姿でセーヌ川に架かっています。
パリ観光基本情報
ロワイヤル橋 / pont Royal
パリの観光地
オープン(完成):1689年
住所:パリ1区
最寄メトロ:チュイルリー(Tuileries)
エリア:ルーヴル美術館周辺
カテゴリ:パリの観光スポット
関連:その他のおすすめパリ観光
ロワイヤル橋へのアクセス(地図)
ロワイヤル橋へのアクセス(地図)

関連するパリ観光

パリの観光地
ルーヴル美術館
パリの観光地:ルーヴル美術館
パリの観光地
チュイルリー公園
パリの観光地:チュイルリー公園
パリの観光地
オルセー美術館
パリの観光地:オルセー美術館

さらにパリを見る

パリの観光地
パリの観光地
パリの人気エリア
パリの人気エリア
パリの歴史・文化
パリの歴史・文化
パリのカフェ
パリのカフェ
パリの芸術・文学
パリの芸術・文学
パリの通り
パリの通り
パリ観光サイト「パリラマ」に関しまして
パリラマはパリを紹介する観光情報サイトです。パリの人気観光地からあまり知られていない穴場まで、パリのあらゆる場所の魅力を提供することを目的としています。情報は変更される場合があります。最新情報はそれぞれの公式サイト等でご確認ください。
ページTOP
パリ観光地一覧
サイトHOME