パリの観光スポット
パリ観光地:ポン・ヌフ

ポン・ヌフ
Pont Neuf

1606年にアンリ4世によって造られたパリ最古の橋
パリ観光地:ポン・ヌフ
パリ観光地:ポン・ヌフ
パリ観光地:ポン・ヌフ
パリ観光地:ポン・ヌフ
パリ観光地:ポン・ヌフ
パリ観光地:ポン・ヌフ
パリ観光地:ポン・ヌフ
パリ観光地:ポン・ヌフ
パリ観光地:ポン・ヌフ
パリ観光地:ポン・ヌフ
パリ観光地:ポン・ヌフ
パリ観光地:ポン・ヌフ
パリ観光地:ポン・ヌフ
パリ観光地:ポン・ヌフ

ポン・ヌフ

パリ観光地:ポン・ヌフ
ポン・ヌフ

新しい景色を生んだ、パリ最古の橋

ポン・ヌフはシテ島の先端にかかる石造りのアーチ橋。名前は「新しい橋」という意味ですが、1606年にアンリ4世によって造られたパリでもっとも古い橋です。ポンヌフが造られるまでパリの橋は木造でした。石で造られた初めての橋だったため、「新しい橋」という意味のポン・ヌフになったと言われています(白い石材で光り輝くように見えたので「新しい橋」という意味のポン・ヌフになったという説も)。また橋の上に住居のない初めての橋でもありました。左岸からシテ島までの5つの半円状のアーチとシテ島から右岸までの7つの半円状のアーチから成っていて、初めて1つの橋でパリの右岸と左岸が結ばれたのはパリにとって象徴的な出来事でした。これはパリという都市の拡大とパリ市民にとって歩くということが不可欠になったことを意味しています。当時ポン・ヌフはルーヴル宮殿から左岸のサン・ジェルマン・デ・プレ教会へと向かうメインストリートでした。
パリ観光地:ポン・ヌフ
ポン・ヌフとサマリテーヌ百貨店

パリに生まれた祝祭的な空間

もともとポン・ヌフはアンリ3世の時代(1578年)にアンドルエ・デュ・セルソーの設計により礎石ができましたが、王の暗殺により工事は中断し、橋の完成は次の国王アンリ4世に引き継がれました。パリで最初の石橋だったポン・ヌフは「橋の上に建物がない初めての橋」でもありました。当時のパリの橋はどれも建物がたくさんひしめき合い、橋の上で生活をしている人がたくさんいました。今まで橋の上はびっしりと立ち並ぶ家の陰で薄暗く光が差さないことが普通でした。そのため、ポン・ヌフの上から見るセーヌの明るく美しい眺めはパリの人々にとって全く新しいもので、橋の上の半円状の場所には多くの見世物小屋や露店、膏薬売り、大道芸人、手品師、香具師、力自慢、そして人ごみに乗じたスリまでもが集まり、多くのパリ市民でにぎわいました。こうして、歩道ができた初めての橋ポン・ヌフはパリ散策者にとって最適の場所になりました。つまり当時ポン・ヌフは橋であるだけでなく、人々が散歩する歩道であり祝祭の広場だったのです。

サマリテーヌ創業者はポン・ヌフの露天商だった
パリの老舗デパートとして有名なラ・サマリテーヌ。その創業者であるエルネスト・コニャックはもともとポン・ヌフの上でネクタイを売る露天商でした。1870年コニャックはボン・マルシェの店員だったマリー=ルイース・ジェイと結婚して、サマリテーヌをオープン。デパート全盛だった時代にできたサマリテーヌは急成長を遂げていきます。サマリテーヌの建てられた場所はポン・ヌフから見える絶好のロケーションでした。

パリ観光地:ポン・ヌフ
ポン・ヌフ

オスマンによって橋の上のお店がなくなる

庶民の集まる場所だったポン・ヌフはその後、交通の便が悪くなり、店の撤去などが行われましたが、それ以降も新たに店が立ったりと混雑と賑わいは続きました。しかし1855年、セーヌ県知事オスマンによるパリ改造で、橋の上のお店は全て撤去されました。橋の両側にある道が拡張されたため、車道としての利用が優先されたためでした。ちなみにこのとき橋の上にあった書店はセーヌ河岸に移動し、今のパリ風物詩であるブキニストができあがったと言われています。
パリ観光地:ポン・ヌフ
ポン・ヌフとサマリテーヌ百貨店

橋の上のサマリテーヌ

かつてポン・ヌフの上にはお店や住居だけでなく給水塔が設置されていました。パリは昔から水不足に悩まされ、セーヌ川の水を汲み取って使っていました。1608年に完成し、セーヌ川の水を水車とポンプによってくみ上げてパリの住宅に供給していました。給水塔には金色に塗られた鉛製のサマリテーヌ(キリストに水を与えた女性)の彫像があったため「サマリテーヌ給水塔」と呼ばれていましたが、約200年後の1813年に取り壊されてしまいます。当時の給水塔は時計付きの三階建ての建物で、15分ごとに鐘が鳴ったそうです。現在サマリテーヌの名はポン・ヌフの右岸側にできたサマリテーヌ百貨店(改装中)に受け継がれています。
パリ観光地:ポン・ヌフ
ポン・ヌフのマスカロン

川を見下ろす怪物の仮面たち

他の橋にはないポン・ヌフの見どころの一つが、橋につけられた彫刻です。橋脚に支えられた12個のアーチの側面にはマスカロンと呼ばれる怪物の顔面像が装飾されています。面白いのは、これらの怪物の顔が一つ一つ異なるところ。一説によれば、ポン・ヌフを作ったフランス国王アンリ4世の部下たちの顔がモデルとも言われています。現在見られるポン・ヌフのマスカロンは修復されたものですが、オリジナルのマスカロンが橋の下のヴェール・ギャラン公園に置かれています。興味のある方は是非探してみてください。
パリ観光地:ポン・ヌフ
アンリ4世の像(ポン・ヌフ)

橋の上に立つアンリ4世

橋の上を通ると、橋の中央に大きな騎馬像が現れます。これはポン・ヌフを作ったフランス国王アンリ4世の像。最初の像は1635年に建造され、フランス革命の時に破壊されました(彼が創始した王朝だったため)。フランス人に愛されたブルボン朝最初の国王は、好色な性格だったことでも有名で、現在は偶然にも秘密を隠すようにひっそりとたたずむドフィーヌ広場の先端を覗き見る形で立っています。絶対君主制を誇示するために人の多いポン・ヌフの中央に立てられた像でしたが、当時の人々はこの「王ののぞき見」的な位置関係を面白がったそうです。このことはシュールレアリスムの作家アンドレ・ブルトンの著作「ポン・ヌフ」に書かれています。

「ポン・ヌフの恋人」の舞台になった

またポン・ヌフはレオス・カラックス監督の代表作『ポン・ヌフの恋人』(ジュリエット・ビノシュ、ドニ・ラヴァン主演)の舞台にもなりました。今でも橋の上では多くの観光客や恋人たちが自分たちだけの時間を過ごしています。またレオス・カラックスの最新作『ホーリー・モーターズ』にはポン・ヌフを見下ろす形で立つサマリテーヌ百貨店の廃墟が出てきます。

ルノワールが描いたパリジャンの幸せ

印象派の画家オーギュスト・ルノワールも夏の光にあふれるポン・ヌフを描いています。夏に太陽の光のあふれるポン・ヌフを歩けば、ただ生きていることの幸せを実感することができます。それはきっと、パリの中心にあるシテ島の先端にかかる橋だから。橋の向こうは景色が開け、アンリ4世像の向こうにはセーヌの下流が眺められます。シテ島の先端にあるヴェール・ガラン公園へはアンリ4世像の近くの階段から降りられます。まるで船の舳へ行くかのように公園を歩けば、セーヌという海を航海する船に乗っているような気分になれます。
パリ観光基本情報
ポン・ヌフ / Pont Neuf
パリの観光地
オープン(完成):1606年
住所:Pont Neuf, 75001 Paris
最寄メトロ:Pont Neuf(ポン・ヌフ)
エリア:シテ島
カテゴリ:パリの観光スポット
関連:その他のおすすめパリ観光
ポン・ヌフへのアクセス(地図)
ポン・ヌフへのアクセス(地図)

関連するパリ観光

パリの観光地
ドフィーヌ広場
パリの観光地:ドフィーヌ広場
パリの観光地
アンリ4世像
パリの観光地:アンリ4世像
パリの観光地
ヴェール・ギャラン公園
パリの観光地:ヴェール・ギャラン公園

さらにパリを見る

パリの観光地
パリの観光地
パリの人気エリア
パリの人気エリア
パリの歴史・文化
パリの歴史・文化
パリのカフェ
パリのカフェ
パリの芸術・文学
パリの芸術・文学
パリの通り
パリの通り
パリ観光サイト「パリラマ」に関しまして
パリラマはパリを紹介する観光情報サイトです。パリの人気観光地からあまり知られていない穴場まで、パリのあらゆる場所の魅力を提供することを目的としています。情報は変更される場合があります。最新情報はそれぞれの公式サイト等でご確認ください。
ページTOP
パリ観光地一覧
サイトHOME