パリの通り
パリの通り:ダゲール通り

ダゲール通り

モンパルナス近くにある庶民的な通りはアニエス・ヴァルダ監督の映画「ダゲール街の人々」で有名
パリの通り:ダゲール通り
パリの通り:ダゲール通り

ダゲール通り

モンパルナス近くにある庶民的な通り

ダゲール通りはモンパルナスにある庶民的な通り。肉屋、パン屋、チーズ屋、ハチミツ屋、ワイン、果物屋など、たくさんのお店が並ぶ商店街になっています。通りの名前は、銀塩写真の発明家ダゲールが住んでいたことにちなんでつけられました。通りの角にはカフェ・ダゲール(Cafe Daguerre)という庶民的なカフェもあります。多くの人が買い物に集まり、なんでもそろう下町的な魅力のある界隈。地元の人になった気分で散策してみてはいかがでしょうか。モンパルナス墓地散策の合間に立ち寄ってみるのもいいかもしれません。

写真技術発明の父ダゲール

写真技術を完成させたことで有名なダゲール(Louis Jacques Mande Daguerre, 1787-1851)は、もともとパリで舞台背景画家として仕事をしていました。その後、同じく画家で先に写真研究を行っていたニエプス(Joseph Nicephore Niepce, 1765-1833)とともにカメラの研究を始めます。先輩であるニエプスが1826年に最初の写真術ヘリオグラフィーを発明し、世界最初の写真撮影に成功。しかし露光時間が8時間と長く、実用化には至りませんでした。ニエプスの死後もダゲールは写真研究を続け、1839年に銀板写真を完成させました。最終的な露光時間が1分〜2分と短い彼の写真技術はまたたく間に世界中に広まり、彼の名を取ってタゲレオタイプと呼ばれるようになりました。

パリの風車
今ではなかなか想像できませんが、モンパルナス周辺にはかつてたくさんの風車が建てられていました。ダゲール通りにある「乙女の風車」という名前のパン屋のウィンドウには当時の風車の牧歌的な絵が飾られており、当時パン屋と風車は切っても切れない縁があったことを気づかせてくれます。

アニエス・ヴァルダの映画の舞台。日本人の詩人が泊まった宿が残る

またダゲール通りは、アニエス・ヴァルダ監督の映画「ダゲール街の人々」で有名な通りでもあります。他に『ねむれ巴里』で有名な詩人の金子光晴がパリ滞在中に泊まったホテルがダゲール通り22番地にあり、そのホテルは今でも残っています。パリの中心地にはない、素顔のパリらしさが多くの芸術家を惹きつけたのかもしれません。

2019年3月、アニエス・ヴァルダが逝去

「ダゲール街の人々」で有名なフランスの女性映画作家アニエス・ヴァルダ(90)が2019年3月29日、癌のためパリのダゲール通りにある自宅で息を引き取りました。ベルギー出身で、写真家を経て映画監督になり、のちにヌーヴェルヴァーグを代表する作家になりました。アラン・レネ、ジャック・ドゥミ、クリス・マルケルなどの映画監督とともに「左岸派」と呼ばれました。男性監督の多いヌーヴェルヴァーグ作家群の中で、女性の視点を取り入れた彼女の功績は果てしなく大きいものです。

関連するパリ観光

パリの観光エリア
モンパルナス
パリ人気観光エリア:モンパルナス
パリの観光地
モンパルナス墓地
パリの観光地:モンパルナス墓地
パリの観光地
パリ天文台
パリの観光地:パリ天文台

さらにパリを見る

パリの観光地
パリの観光地
パリの人気エリア
パリの人気エリア
パリの歴史・文化
パリの歴史・文化
パリのカフェ
パリのカフェ
パリの芸術・文学
パリの芸術・文学
パリの通り
パリの通り
パリ観光サイト「パリラマ」に関しまして
パリラマはパリを紹介する観光情報サイトです。パリの人気観光地からあまり知られていない穴場まで、パリのあらゆる場所の魅力を提供することを目的としています。情報は変更される場合があります。最新情報はそれぞれの公式サイト等でご確認ください。
ページTOP
パリ観光地一覧
サイトHOME