パリの観光スポット
パリ観光地:ソルボンヌ広場

ソルボンヌ広場
Place de la Sorbonne

学生街カルチェ・ラタンにあるソルボンヌ大学前の広場   

ソルボンヌ広場

最終更新日:

世界最古の大学前にあるバロック的広場

ソルボンヌ広場はルイ13世によって造られたパリの広場。前国王だったアンリ4世はヴォ―ジュ広場などの歴史的な広場を造りましたが、その後を引き継いだルイ13世が作ったのがこの広場です。広場にはフランスの哲学者オーギュスト・コントの彫像が立ち、温かな光に満ちたカフェ「タバ・ド・ラ・ソルボンヌ(Tabac de la Sorbonne)」はいつも多くの人で賑わっています。ソルボンヌと聞いて多くの方の頭に浮かぶのは大学でしょう。その名前の通り、広場の前にはパリ=ソルボンヌ大学(Universite Paris-Sorbonne)があります。

ソルボンヌ大学といえば、世界最古の大学の一つとして有名。フランスの中でも特にレベルの高い大学と思われますが、平等の国フランスでは全ての大学の学業レベルは同一で、共通試験(バカロレア)を受け合格すればどの大学でも入れるようになっています(グランゼコールを除く)。

広場の正面にはソルボンヌ大学付属の教会が立っています。この教会は時の宰相リシュリュー(Armand Jean du Plessis Richelieu 1585-1642)によって建築家ルメルシエ(Jacques Lemercier 1585頃-1654)の設計で17世紀に作られたもので、広場はその教会に合わせて整備された「教会のための広場」になっています。現在広場の西側はサン・ミッシェル大通りになって開けていますが、建設当時は四方を建物で囲まれた広場だった。教会とほぼ同じ面積で作られたソルボンヌ広場は、教会のファサードとその周りに配された建物を美しく見せるバロック的広場の稀な完成形ともいえます(それまで中世の広場は、建物を美しく見せるという概念があまりなかった)。

広場の周囲にはサン・ルイ高校やルイ=ル=グラン高校などの超進学校もあり、ここがフランスの知の中心であることを感じさせる場所。これらの高校は中世修道院の寄宿舎が元になっており、当時は貧しい学生たちがラテン語を学ぶために集まっていました。17世紀から変わらない教会の前に佇む広場には、今では多くのカフェができ、シックで上品なパリの夜を演出しています。
パリ観光基本情報
ソルボンヌ広場 / Place de la Sorbonne
パリの観光地
オープン(完成):1639年
住所:Place de la Sorbonne 75005 Paris, フランス
最寄メトロ:St-Michel(サン・ミッシェル)、RER B線Luxembourg(リュクサンブール)
エリア:カルチェラタン
カテゴリ:パリの観光スポット
関連:その他のおすすめパリ観光
ソルボンヌ広場へのアクセス(地図)
ソルボンヌ広場へのアクセス(地図)

関連するパリ観光

関連するパリモデルコース

さらにパリを見る

パリ観光サイト「パリラマ」に関しまして
パリラマはパリを紹介する観光情報サイトです。パリの人気観光地からあまり知られていない穴場まで、パリのあらゆる場所の魅力を提供することを目的としています。情報は変更される場合があります。最新情報はそれぞれの公式サイト等でご確認ください。
ページTOP
パリ観光地一覧
サイトHOME